かぶろぐっ!

主にデジモノに関するメモ

初スノボに行ってきたよ!

f:id:kabupon:20180215001456j:plain

大寒波が押し寄せて来た1月下旬。

東京でも最大23cmの積雪を記録する程の大雪だったので

「関東でこれだけ降っているのにスノボなんか行って帰って来れるのか・・・?」

という疑問がありましたが

「あっちは道路の融雪機能が段違いだから大丈夫!」

と言い張る友人の運転で初のスノーボードに行って来ました。

「せっかく行ったのに全く滑れず楽しめなかったらどうしよう・・・」

「いやでも案外簡単に滑れちゃったりして・・・?」

なんていう期待と不安を胸に、いざ出発です!

 ゲレンデはこちらっ!

今回遊びに行ったのは、新潟にある「湯沢中里スノーリゾート」です。

f:id:kabupon:20180204231326p:plain

【公式】湯沢中里スノーリゾート

リフトが6ヶ所、実力に合わせてコースを選ぶことが出来るので、初心者コースで物足りなくなったら少しレベルアップして別のコースへ。なんてことも出来てとても良かったです。

駐車場とゲレンデの間に廃車になった列車が置いてあり、その中で食事や休憩が出来るようになっていました。こういうの素敵。

装備一覧

f:id:kabupon:20180214230025j:plain

謎のポーズ

頭 ニット帽、ゴーグル
上 ヒートテック的インナーシャツ>パーカー>ウェア
下 パンツ>あったかタイツ>スウェット>ウェア

最初は寒くてパーカーとウェアの間にダウンベストを着ていましたが、動いてるうちに暑くなって脱ぎました。ついでに背中に汗をかくと冷えるので、背骨に沿ってタオルを垂らしたらとても快適でした。

シューズとボードは当日受付にてレンタル。シューズの履き方から板の付け方まで親切に教えてもらえて助かりましたε-(´∀`*) 

事前に準備していたものはこちら↓

最初の難関

スノボの最初の難関、それは「リフト」です。

リフトってさ、あれみたいじゃないですか?

昔のマリオにあった強制横スクロールステージ。

もしくはドンキーコング3にあった下からノコギリが迫ってくるステージ。

あの先に進むことを強要される感じが大嫌い。自分のペースで行かせてよ!

まぁまぁ、リフトで降りるのに失敗しても谷底に真っ逆さま!なんてこともなければ、時間切れでノコギリ引かれるなんていうこともないので怖がる事もないのですが。

実際に乗る時は、見るからに初心者っぽかったら係の人が乗る時の速度を気持ち遅くしてくれるし、そんなに緊張する事も無かったです。

リフトから見る雪化粧した山々、次第に小さくなる麓のセンター、颯爽と滑り去るスキーヤーやボーダーの姿、あぁ、ついにゲレンデに来たんだな。と気持ちが高ぶります。

一番心配だったら降りる時ですが、麓で真っ直ぐ進む練習をしてたおかげで案外簡単に降りられました。無駄にハラハラしてしまった(´-ω-`)

頂上についたー!

無事初心者コースの頂上についたところで、まずは下りで立ち上がる練習。

これが見た目通りなかなか難しい。しゃがんだ状態から立ち上がろうとすると、板を横向きにしているはずなのに意外とススーっと滑るんですね。横向きで滑らないでよ。どうやって止まれば良いのさ。

もちろん横向きなので大した速度にはならないのですが、しゃがんだ状態で滑り始めちゃうと「どうやって立てば良いんだよ!」ってなります。

しばらく四苦八苦していると友人から「かかと重心で立つんだよ!」とアドバイス

ふむふむなるほど、なんとなく体重のかけ方が掴めてきました。

試行錯誤

最初は斜面で立ち上がり、ほんの少し左足に重心をかける。

おお進んだ進んだ...で!!!これからどうするの!!!!(ドテン)

友人「進んだら今度は反対の足で踏ん張る感じで。」

なるほど。

ボード初心者が一番怖いのって、万が一スピードが乗ってしまった時の対処法が分からない事なんですよね。不意に板が垂直になりぐんぐん速度が乗って木や人に激突、もしくは減速するため試行錯誤するうちに逆エッジでビターン!想像するだけでも恐ろしい。

そんな感じでアドバイスをもらいつつ動作を確認しながら滑っていると、だんだんと減速の感覚が掴めてきて、速度が出る事に対する怖さが薄らいできました。

なにこれたのしい。

 ひたすら滑る

ボードで滑る楽しさを覚えてしまってからはとにかく滑りまくり。

狂ったように木の葉すべりをしている男がそこにはいた。

ただ、滑り始めてから5時間が経った頃、ひざが限界を迎えました。

減速するたびにガクガク、膝が笑うとは正にこの事。

時刻は14時、リフト券の切れる時間まではまだ余裕がありましたが、体力的にもう無理。゚(゚´Д`゚)゚。日帰りだったので帰りの混み具合も考慮して、この日は少し早めの切り上げとなりました。

一日通しての感想

雪の上に立つまでは「初めてのボードで楽しめるだろうか...」と不安だっただけに、思いの外スムーズに滑ることが出来てとっっっても楽しかった!!

最初は尻もちをついては立ち、少し滑っては転びの繰り返しで汗だくになるほど暑かったのですが、それが少しずつ転ぶ回数が減ってきて

「汗をかかなくなってきた...これはだいぶ上達したな!」

と実感出来たのが嬉しかったですねヾ(o゚ω゚o)ノ゙

誘ってくれた友人に感謝!

今回は初心者が一日目に覚えるべきと言われている木の葉すべりを無事マスター出来たので、今度はターンを覚えたいな~なんて考えています(´・◡・`)

 

でも改めて思ったのがこのスポーツ、教えてくれる人がいないとかなりキツイ

もし初めてだけど挑戦してみよう!という方がこの記事を見ていましたら、ある程度ボードに慣れている人と一緒に行くか、スクールのレッスンを受けるのがオススメ!

最近はYoutubeなんかで初心者向け動画が上がっているので、そういうのを参考に練習すればもちろん一人や初心者同士でもそのうち滑れるようになるとは思いますが、やっぱり動画で見ただけの知識でいきなり滑るってのはなかなか簡単じゃないです。

前に進めずバタバタと倒れるだけでは全然面白くないし、分からないまま手足やお尻を痛めて飽きちゃうのも勿体ない!せっかくスノーリゾートまで行くのなら、少しでも早く慣れて、少しでも長く滑る時間を楽しみましょうヽ(*゚д゚)ノ